一棟販売予定物件

施工の流れとケイプロテックが担う部分

施工の流れとケイプロテックが担う部分

安心・安全を守る構造設計

構造設計者は建物の構造設計業務を担当します。自然災害などで建物が壊れてしまわないように、安全性を満たすことが要求されます。基本設計に基づいて、外観や内装などに関する意匠設計、耐震や荷重に耐える柱の構造や材料を決める構造設計、建物としての機能を高めるための設備設計を行い、CADを使用して図面に起こします。

狭小地でも空間を確保する

トラス工法

三角形のユニットで構成することで力が分散させることにより、柱などに頼ることなく屋根を支えることができるので、狭小地であっても無駄なく生活空間をしかっりと確保できます。間取りに制限ができず、狭小地などで有利になります。

強固な構造体を実現する

スチールフレーミング工法

壁の中に鉄の柱がある設計のことです。 外壁のみならず内壁にもこの工法を使用することにより、強固な構造体を実現します。 また耐火構造なので、防火地域でも建築が可能です。

詳しく見る