狭小地でも可能な特許工法。

最小坪数18坪以上、間口2間以上ならば建築可能な賃貸住宅です。(建ぺい率・容積率の関係で商業系地域に限ります)
「貸し駐車場では収益効率が悪い」と諦めていたような狭小地でも賃貸住宅の経営が可能になります。特許技術によるスチールフレーミング工法は、鉄骨にコンクリートを使った構造は大変強固です。したがって建物自体の償却期間が長く、銀行からの借入れも木造よりも長期返済になるので資金計画も楽に収益が上がるプランを立てることができます。
steelframe01
steelframe02

スチールフレーミング工法の特徴

安心の高耐久・高耐震・高耐火

steelframe_image_00

  • スチールフレーミングとは「壁式スチール構造」のこと。いわば、壁の中に鉄の柱があるとお考え下さい。
    外壁のみならず内壁にもこのトラスウォールを使用することにより、強固な構造体を実現します。
  • 耐震等級も最高ランクの3にも対応できます(オプション)。また耐火構造なので、防火地域でも建築が可能です。
  • かなりの軟弱な土地でもない限り、杭打ちも不要です。

「あなた好み」の自在設計が可能

  • スチールフレーミング工法は、室内の柱型・梁型の出っ張りがありません。鉄骨でありながら、木造のような柔軟性に富んだ設計が可能です。
  • 特に狭小な土地では、従来の工法では設計上さまざまな制約がありました。スチールフレーミング工法が、今までにない建築設計を可能にします。
  • 各階のスチールデッキプレートの上に、コンクリート床を施工。

低コスト、短納期

  • スチールフレーミング工法は、従来工法に比べて低コストと短納期が特徴です。小規模のマンションであれば3ヶ月で完成します。

事業利回りのシミュレーション

money
jisseki_link