賃貸住宅の経営にとって大切なコンパクトな設計により、経済効果を高めます。それでいて、導線計画をしっかりと考えた「暮らす人に優しい家造り」に重点をおき、リビングや寝室など必要な面積をしっかりと確保。資材設備も安価な自社製品ではなく、一流メーカーの標準品を装備。これにより、リフォームなど住居のメンテナンスが効率的に行うことができます。
20090920-detachedhouse.jpg


戸建てを複数棟つなげ、長屋型にして設計することにより、敷地を効率的に活用するだけでなく、建築コストを削減するができます。ケイプロテックが設計するテラスハウスは、「長屋型」といっても画一的な間取りではなく、各戸にそれぞれ特徴を持たせた間取りにすることで、住む人の様々な要求にあわせた個性的な設計が可能です。また、木造にかかわらずRC並の防音対策を施すことによって、住む人のプライバシーが十分に確保されて暮らしやすい設計になっています。
 オーナー様にとっては、将来的に区画部分を販売することも可能で、資産計画も多様性があります。
20090920-terracehouse2.jpg
20100310-test.jpg