img_20161019_140552

北区田幡 鉄骨の建て方が終わりました☆

 

軽量材(スタッドといいます)で部屋の間仕切りを作ります。

床に墨出しを行い、窓台、まぐさをつけます。
この時点で、開口部の位置が出ますので、位置に間違いがないか、
大きさに間違いがないか確認を行います。
床に寸法が書いてありますが、間違っている場合もたまにあります。

img_20161019_141935
3階以上になると窓に消防隊の非常用進入口が必要になりますが、その寸法がとれないという間違いパターンが多いです。
納まりの都合上現場で変更になる場合もありますので、
監督さんと打合せを行います。

床になんらかの造作を行う(床暖房など)場合、
それらの分を見込んでないと建具が入らないので、すべてやり直しになってしまいます。
軽量屋さんも大変です(*_*;

 

img_20161019_141650img_20161019_141617